グランヴァンのお仕事について


テレフォンアポイントメントほど
難しい仕事はないのかもしれません。
テレアポは相手の時間を奪う種類の宣伝方法ですので、
場合によってはネガティブな印象を与えてしまうこともあります。
しかし、コチラから動かない以上、集客というものはできません。
駅の看板だけで宣伝していても、
満足いく集客というものが望めないのです。

こちらから掛けるテレアポは、
営業職と遜色ない技術が要求されます。
必要なのは「とにかく人に好かれること」です。
そうした接客術を身に付けておきませんと、
収益を上げるどころか、企業のマイナスイメージも繋がるからです。
テレアポという仕事は、会社に直接訪問する飛び込み営業と違って、
労力も時間も少なくて済みます。
そのため、人によっては
テレアポを楽な仕事として軽視しているかもしれません。
苦労もしない人の商品を買いたくなくなる心理というものが
働くそうです。

しかし、テレアポは見た目に反して重労働です。
主に精神的にツライところがあるかもしれません。
100件掛けて1件取れればいいと言われていますが、
それは業種によって異なります。
グランヴァンは不動産会社ですが、
月に1件契約を取れば良いそうです。
それだけ、不動産業界はテレアポでの成功率が
低いとも言われています。

どのような人を対象にグランヴァンが電話を掛けているかは、
グランヴァンではないので分かりませんが、
当然ながら不動産を買う方がターゲットです。
会社に勤めている40代や50代のエリートサラリーマンを
ターゲットにしているのではないでしょうか。
詳しくは、グランヴァンにお問合せください。
社外秘になりますので、教えてくれないかもですが。